渡辺直美

3日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)では、インスタグラムのフォロワー数840万人を誇り、世界中の人々から支持を集めるお笑いタレント・渡辺直美に密着。

そこでの、彼女に対する番組のテロップが「失礼すぎる」と物議を醸している。

 

■渡辺は「女性らしさとは真逆にいる」

番組では、「女性が好きな女性は本当に幸せなのか」という特集において、世界で4億人以上が視聴する「中国の紅白」にあたる世界的テレビ番組に、日本人として初めて出演した渡辺の舞台裏に密着。

中国語と英語が飛び交う現場に戸惑いながらも、渡辺は自身の代名詞的なネタである「ビヨンセ」を堂々と披露。さらに、猛練習を経て難しい中国語の発音もマスターし、台湾の歌姫・ジョリンのカバー曲を歌い上げた。

そんな渡辺のポリシーに迫る「深イイ話」の前振りの部分で…

「女性らしさとは真逆にいるにも関わらず、女性が好きな女性である渡辺直美さん。そんな彼女が大切にしていることが、深イイっぽかったので判定してください」

 

とのテロップナレーションが入った。

 

■「ひどい」「最低」と批判殺到

渡辺が「女性らしさとは真逆にいる」というテロップに、インターネット上は騒然。「女性らしさ」に何らかの固定観念を抱き、彼女の個性を否定するかのような表現に批判の声が相次いでいる。





「女性らしさとは何なのか」問う声や、「失礼すぎる」といった怒りの声が目立つ。中には、「女性が好きな女性」というテーマ自体に思い込みを感じる、といった指摘も。


■渡辺が1番大切にしていること

そんな渡辺は、番組の密着の中で「私は太りたいなんて思わないし、痩せられるなら痩せたい。けど、今の自分がこれだから、今の自分が好き」と、ありのままの自分を愛することを大切にしているという。

また「結局、自分のやりたいことをずっとやっている人が輝いていると思う」と、自分の好きなことを突き詰めることの大切さを訴え…

「自分らしく生きるのが1番いいんじゃないかな。と思って生きています。自分を愛せば自信を持てるよね、それが1番美しいと思うよ」

 

と、中国の現地取材でも語っていた。

 

■カリスマの格言に感動の声

今の自分を愛するという渡辺の格言に、勇気づけられた視聴者が続出。感動の声が相次いでいる。





自分を愛することを貫く姿をシンプルに体現し、メイクファッションを自由に楽しむ彼女の姿は、性別を問わず世界中の人々にたちに勇気と希望を与えている。改めて、そんなカリスマの言葉に「涙を流した」という人も。

世界中から愛されている女性・渡辺直美の真逆にあるという「女性らしさ」とは、一体何なのだろうか。

・合わせて読みたい→森泉の「SHINee知らなかった」が波紋 坂上忍たちの反応に「不謹慎」の声

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

渡辺直美は「女性らしさとは真逆」 番組テロップに批判殺到「失礼すぎる」


(出典 news.nicovideo.jp)

女性らしさは必要だよね〜www

<このニュースへのネットの反応>

俺(おっさんオタク)「自分らしく生きるのが1番いいんじゃないかと思ってます。自分を愛せば自信を持てるし、それが1番美しいと思う。」だったら反応ぜんぜん違うんだろうなあ・・・


>世界で4億人以上が視聴する「中国の紅白」にあたる世界的テレビ番組。 ん?中国のいちチャンネル番組でしょ?


クレーマーうぜえ。じゃあ「女の腐ったような性格とは真逆」と言えば誰が聞いても褒め言葉になるから次からそう呼ぼうぜ


あれだけオシャレしてんのに女性らしさがないとは微塵も思わんがな


失言だと思うけど最近の失言をたしなめるのでなく叩きのめす風潮いい加減疲れないかと思う


流石に失礼すぎて草。男らしくないとか女らしくないとかそういう話ってだいたい嫌われる傾向にある事、テロップ作った人達はご存じなかったんですか?


男らしさ女らしさとはあくまで主観的なものです やっぱりテレビはテレビ、モラルの欠片もない


■みりん@hukuhuku_k ← その当該ツイート、たった「1人」からしかファボられてないのに、な~にが【批判殺到】だよ、*しらべぇ(博報堂。広告会社として電通の二番煎じ。元社員では渋谷区の区長「長谷部健」がいて、ハロウィンやLGBT同性パートナーの主犯)


見た目で不快だけど女性であることには変わらないだろ


男にはまったく見えないが?


バラエティ番組を作る一介の構成作家の台本って事でしょw 私はバラエティ番組に期待なんかしていないので観ないw