1_e13


 「デビルズ・プール」はオーストラリアクイーンズランドのバビンダという町にある観光名所の一つであり、ケアンズに向かう観光客が立ち寄れる場所の一つだ。

 見る者を魅了する非常に美しい場所だが、同時にオーストラリアで最も恐ろしい場所の一つである。

 デビルズ・プールには若い女性の霊が地縛霊として徘徊しており、当時の恋人であった若い男性を探し続けているという伝説が古くから伝わっている。

 実際に、若い男性ばかりが次々にこの場所で命を落としているのだそうだ。

―あわせて読みたい―

数々の恐怖伝説を生み出した、呪われし10の洞穴・井戸・監獄
訪れた人の多くが意識を失う、世界一呪われた墓場「グレイフライアーズ・カークヤード」 (スコットランド)
悪霊が取り憑いて超常現象を引き起こす。呪いの車と噂される悪名高き10台の車両
20世紀から引き継がれた世界10の呪われた遺跡
呪われた絵画と言われている10の作品とそれにまつわる逸話

多くの人が命を落とす危険な滝

 もちろん命を落とした理由を霊的現象ではなく、ただの偶然や事故にすぎないと言う人も多いが、どちらにせよこの場所が極めて危険な場所であることに変わりはない。

 デビルズ・プールは水流の激しい滝であるため、水泳を楽しむ人々を時折水流で水底に叩きつけ、浮上できなくさせてしまう。

 水底には多くの流木や岩があり、一度こういった岩や流木の間に挟まれると抜け出すことが不可能となる。

 また酸素濃度の高いこの滝では浮力が無いに等しいため、自然に浮き上がってくることが非常に困難だという。こういった経緯から1959年以来、17人もの人々がこの滝で命を落としたのだ。


The Mystery Of The Cursed Devil's Pool Of Australia

 今では注意書きと看板が立てられているが、2008年にはこういった忠告を守らない若い男性が命を落としている。

 救助隊が彼の死体を発見したのはその三日後の事であった。こういった救助を行うダイバーもいつ水流に捕らわれ命を落としてしまうかわからない為、救助活動は何時も命がけの任務となるという。

 ちなみに記録されている最古の被害者は1933年6月10日のケアンズポストという新聞に掲載された記事に登場するウィンターボトムという人物である。

 彼の死は新聞では「不慮の事故」として書かれており、「1週間たった今でも死体が見つからない」という事が報告されている。

デビルズ・プールに語り継がれる伝説

 デビルズ・プールでは事故が多発する前から、オーストラリア原住民アボリジニの人々によって、とある伝説が語り継がれている。

 伝説はイディンジ部族の美しいウーラナという女性と、彼女と結婚した同部族のワルーヌという人物の話である。

 ウーラナは結婚後すぐに別の部族の男性と恋に落ち、新しい恋人と共にイディンジ族からの逃げ出した。

 部族の長たちはすぐさまウーラナとその恋人である男性を捕まえた。イディンジ族の捕縛から再度逃げ出したウーラナは当時まだ水流の穏やかだったデビルズ・プールに飛び込んだ。そして恋人の名前を呼び、彼もまた水の中に飛び込んだ。

 しかしウーラナだけが生き残った。彼の姿を二度と見ることはなく、おそらくおぼれてしまった彼の名前をウーラナは泣き叫んだという。

 その鳴き声はやがて水流を激しいものに変え、流れゆくウーラナの声はデビルズ・プールの滝の音にかき消されていったという。

 おぼれかけた人によると、この場所で泳いでいると突然足を引っ張られるような感覚に陥るというが。ウーラナに足を引っ張られた、とでもいうのだろうか?


HAUNTED DEVIL'S POOL | AUSTRALIA

 恐ろしい経緯もあるこの滝では、注意書きを守って泳がない事が賢明な判断といえるだろう。

References:Australia’s Dangerously Cursed Devil’s Pool/ written by riki7119 / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52268422.html
 

こちらもオススメ!

―知るの紹介記事―

地上でもっとも乾燥したアタカマ砂漠では、雨は恵みではなく死をもたらす(チリ)
地下鉄内で女性の異変に気が付いた男性が気の利いた方法で女性を救う
人は年を取ると自分がついた嘘を本当のことと思い込むようになる(米研究)
感謝の気持ちを伝えたい。命を救ってくれた医師の顔のタトゥを背中に入れた男性患者(アルゼンチン)
CIAの極秘UFO調査計画「プロジェクト・ブルーブック」に記載されていた10の奇妙な事案

―自然・廃墟・宇宙についての記事―

地上でもっとも乾燥したアタカマ砂漠では、雨は恵みではなく死をもたらす(チリ)
30年間ドアストッパーとして使われていた石が、1000万円を超える値打ちものの隕石だった件(アメリカ)
3700年前に飛来した隕石(もしくは彗星)の空中爆発で中東の一部が吹き飛んでいた可能性(ヨルダン)
ロシアが月面基地を作りロボットのアバターを用いて月を探査する計画を発表
ブラックフライデー?ブラックホールデーでしょ。NASAが秘蔵のブラックホール画像を公開中
恐ろしい伝説がある、オーストラリアの呪われた滝「デビルズ・プール」


(出典 news.nicovideo.jp)

デビルズプール

(出典 Youtube)


怖いなぁwww

<このニュースへのネットの反応>

>呪われた滝 うん >プール ふぁっ!?フォールじゃないの


理系だけどさ、酸素濃度で浮力が変わるって初めて聞いたわ 頭の中で概算でやっても大して変わらない気がするけど・・・


これが日本国内の話だったらくだらねー作り話wって感じだけど、海外の話ってなると何故かワクワクする


デビルレイクバーマ


危険な場所で泳ぐバカが*でるだけ


スーパーチキン> 別に酸素濃度と浮力は関係ないんだが気泡を作りやすい状況って意味だろうな。酸素でもガスでも何でもいいが気泡が大量に水中にある状態ってのは面積あたりの水の体積が気泡の分だけ通常よりも少ない状態なわけだ。浮力は「水」を押しのけた体積分発生するが、押しのける水が気泡の分だけ少なくなるから発生する浮力が少なくなって自重に勝てず沈むって訳。